YouTubeの動画を再生しながら他の作業が出来るGPlayerの設定方法

スマートフォンやタブレットでYouTubeの動画を視聴しながら、Googleのインターネット検索画面や壁紙に動画を貼り付けて他の作業をしてみたいなぁと思ったことはありませんか?

それを叶えてくれるのが「GPlayer」です。



スポンサードリンク

「GPlayer」はYouTubeの動画以外にも、本体メモリーやSDカードに保存している動画を
フローティングウィンドウ(常にウィンドウの前面に「GPlayer」で起動されている動画を表示する機能)で表示し、動画を楽しむことが出来るスグレモノアプリなんです。

主に自分で撮影した動画がメインの方にも良いですし、YouTubeが大好きな方で毎日観ている方には最高のムービープレイヤーになることでしょう。

無料で使えるアプリには広告表示があることが多いですが、「GPlayer」には広告の表示もなく動作も意外と軽いのでおすすめです。

それでは、GPlayerの設定とYouTubeの動画をウィンドウの前面に表示する方法についてご紹介していきます。

まずはGPlayerの設定から、

youtube-gplayer-1

Google Playから「GPlayer」のアプリをダウンロードします。
写真では一番上に表示されています。

※「GPlayer」はAndroid用です。

youtube-gplayer-2

アプリ内購入となっていますが、無料で使えるので気にせずインストールしてください。

youtube-gplayer-3

英語が苦手な私ですが、慎重に読んだことを「I have read carefully.」にチェックを入れて、次に「I accept」をタップし同意しました。

ここで同意しなければ次の作業に進めないので同意してくださいね。

youtube-gplayer-4

ストレージの設定はSDカードにしました。

「Internal SD Card」の表示付近をタップすることで次へ進めます。

youtube-gplayer-5

ディレクトリ名は分かりやすい「GPlayer」にしました。

youtube-gplayer-6

今回はYouTubeの動画をメインに利用するのでソフトウェアデコーダーは必要ありません。

よって「Disable SW Decoder」をタップし無効にしました。

しかし、お使いの端末でサポート外のファイル形式の動画を再生したい場合には必要にりますので、念のため有効にした方が良いかもしれません。

youtube-gplayer-7

サムネイルキャッシュの生成を有効化にすることで高速化出来ますが、内部ストレージを消費するので、空き容量が少ない端末だと動作が不安定になる場合があるかもしれません。

YouTubeの動画だけをご覧になる場合には必要ありませんので、「Cancel」でOKです。

写真には掲載しませんでしたが、アップデートなどの表示なども出てきます。
しかし、「OK」をタップしてもGoogle Playストアに移動するだけで何も始まりませんでした。

他にも設定画面が出るかもしれませんが、「OK」で問題ないと思います。

上記の基本的な設定をすれば、当サイトの端末では問題なく動作確認を行えました。

Androidバージョン:4.4.2

つぎに「GPlayer」で「YouTube」の動画を再生する設定をします。
youtube-gplayer-8

「YouTube」は「GPlayer」の初期設定のままでフローティングウィンドウ化が可能です。

YouTubeのアプリを起動し、見たい動画を探してください。

ここでは、AKB公式と検索して表示しました。

動画写真一番上の右端の「ここ」と表示されている箇所をタップします。

youtube-gplayer-9

すると、追加と共有の表示が出てきます。

ここでは、共有をタップしてください。

youtube-gplayer-10

どのアプリで共有するか一覧が出てきます。

「GPlayer」のアイコンが表示されていますので、タップします。

youtube-gplayer-11

これで「YouTube」の動画は最前面に表示されるようになりました。

写真に記載されている「このへん」という辺りをタップすると、つぎのようなメニューが出現します。

youtube-gplayer-12

「YouTube」動画の移動、全画面表示や一時的に動画を隠したり、終了することがメニュー表示で行えます。

動画の拡大、縮小は右下の端部分をタップしたまま斜めに上げたり下げたり、上下に動かすことで大きさが変わります。

youtube-gplayer-13

これでGoogle検索して記事を読んでいる時でも「YouTube」動画は常に最前面に表示されるようになりました。

「GPlayer」を使えば他のアプリを起動しても、動画が隠れることがないので、再生を中断することなくメールを読んだりと使い方は様々可能ですね。

パソコンで操作している気分になれるのも嬉しくなります。

「YouTube」動画を快適に観たい場合には、スマートフォンだと画面が小さい為、7インチから10インチクラスの画面の大きなタブレットがおすすめです。

動画を隠すことも可能ですから、音楽PVを聴くだけの楽しみ方もありますので、皆さんの使い勝手の良いように、いろいろ試してくださいね。



スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする